バイアグラ通販でストレスなく購入できるED治療薬のすすめ   >   バイアグラについて〜副作用

バイアグラについて〜副作用

幻想のシルエット

バイアグラの副作用としては、めまい・顔のほてり・頭痛といったものがあげられます。これらの症状はバイアグラの服用で血行が良くなったことや、血圧が低下したことによって引き起こされるため、バイアグラの効果が現れた証拠でもあります。血行促進作用は全身におよぶため、鼻粘膜の充血による鼻詰まりや鼻血、消化管の充血による消化不良などの症状が現れることもあります。その他には目の充血や動悸、色覚変化なども起こることがありますが、どれも一時的なものであるためそれほど深刻に考える必要はありません。

こうした軽度な症状が主な一方で、比較的重度の副作用が出る可能性もあります。たとえば持続勃起症。持続勃起症はバイアグラの平均効果時間である4時間を大きく超えて勃起が継続した結果、陰茎の動脈が破れ、大量の血液を海綿体が吸収することで起こる症状です。1日以上勃起が続くと勃起障害に陥る可能性があるため、長時間勃起が収まらない場合には注意が必要です。このほか、突発性難聴や狭心症といった症状も発生する可能性があります。症例数自体は少ないですが、発症する可能性があるということは知っておくべきでしょう。 なんらかの症状が現れた場合には、速やかに医師に相談するようにしましょう。

バイアグラには、一緒に飲んではいけない併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はバイアグラとの飲み合わせが悪く、単体では身体に良い薬でも、併用することで最悪の場合は死亡事故にまで発展してしまう可能性があります。併用禁忌薬としては、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などがあげられます。また、禁忌薬ではなくとも薬との相性があり、服用中の薬に合わせて使用量などを検討する必要がありますので注意しましょう。